シンプリーキャットフードって子猫に与えてもいいの?

猫

シンプリーキャットフードは、子猫に与えても良いフードなのでしょうか?生後何ヶ月の猫ちゃんから与えることができるのでしょうか?子猫に与えても栄養成分や消化などに、問題はないのでしょうか?

 

シンプリーキャットフードの公式サイトでチェックしてみると、生後10ヶ月の成猫から食べられる・・・とあります。では、それ以前の猫には食べさせてはいけないのでしょうか?

 

シンプリーキャットフードは、猫ちゃんが抱えている腎臓の病気のリスクを考えて作られているそうです。普通のキャットフードでは、どうしても腎臓を悪くしやすいのですが、シンプリーキャットフードなら、その心配がありません。

 

しかし、猫ちゃんには、もともと腎臓を悪くするリスクもないのです。つまり、わざわざ子猫にシンプリーを与える必要はないということです。

 

ついでに言うと、シンプリーキャットフードは、腎臓が弱い猫ちゃんにもおススメだそうです。予防や対策のために、腎臓に不安のある猫ちゃんには、このキャットフードをおススメしているとのことです。

 

子猫に与えるなら、対象は10ヶ月以上となっているので、それまでは同じメーカーが取り扱っているカナガンが良いのではないでしょうか。

 

カナガンなら、10ヶ月以前の猫ちゃんにも、栄養たっぷりで安心して食べさせてあげることができますよ。カナガンも、愛猫さんの間で人気のキャットフードですね。

 

10ヶ月になったら、腎臓の病気予防のためにも、徐々に切り替えてあげてはいかがでしょうか。

 

>>シンプリーキャットフード詳細ページはこちらから

 

 

TOPページへ>>